忍者ブログ
長年外食業界に従事し、「食の現場の現実」に疑問を抱き、自然農法で野菜を栽培し全国にお届け中!ベジタブル&フルーツマイスターとして野菜と共に活動中!

* admin *  * write *  * res *
[64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54
<<06 * 07/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  08>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日に日に布団から脱出しにくくなってます。
日の入りも早くなってきて、作業時間も限られるようになってきました。
といっても、植え付け作業があるわけでもなく、虫害のチェックや間引きなど簡単な作業がメインなので一時を思えばかなり楽になりました。

今月に入って新たに畑をお借りすることとなり、来週は開墾作業に入る予定です。
早いうちに耕して、すぐに作付けに入れるようにしておくつもりです。

先日、朝日新聞から取材を受けました。
ビックリしましたが・・・

名古屋でCOP10が開催されますが、COP10から見た農業のあり方、自然農のあり方の視点での取材でした。
僕が全く面識の無い先輩生産者の方からの紹介での取材でした。
(ご紹介ありがとうございました!)
ちょうど取材日は畑で講座を開いていたので、受講生の方も取材を受けて頂きました。
自分自身の農業に対するスタンス、自然農に対するスタンスを再確認するにも取材はとても良い機会です。
取材を受ける度に、初心に戻っています。
僕だけが取り上げられた記事ではないですが、ちょろっとは掲載されるかな?
今月28日(土)掲載予定だそうです。
ちなみにうちは中日新聞なので、見れません!(汗)
仕方ないから図書館にでも行こうかなと。。。


自然農であれ、農業に関心が高まっていることは何より。
でも、ただ「農業をやりたい」では続きません。
個人事業主=経営者なんだから、信念を持って向き合わなければ食べて行くのもままなりません。
多くの自然農の実践者は販路に困っています。
でもその反対に、そういった野菜を求めているプロの方は沢山いらっしゃいます。
そのニーズに全く応えられていなくて、僕は迷惑ばかりかけています(スイマセンッ!!)
自分自身の販路もそうですが、販路に困っているならその受け皿になることも必要だと、最近つくづく感じています。
生産者、生活者(消費者)、プロのシェフとの連携がうまく取れれば、就農者の不安も解消されるし、全ての人にメリットが出てくると思います。
そんな仕組みを作るために、少しずつですが動き始めました。
大枠がまとまったら、お取引先のシェフの方のところを回って話を聞いてもらおうと考えています。


来年は研修生も受け入れたり、新たな取り組みを始めていきます。
一緒に勉強したい方、就農したいと思っている方、遠慮なくご連絡下さい。
まずは色々とお話しましょう!

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新TB
プロフィール
HN:
たつま
年齢:
48
HP:
性別:
男性
誕生日:
1969/11/30
職業:
土磨自然農園代表・野菜ソムリエ
自己紹介:
外食業界20年。
そこで感じた「食の矛盾」と「農業危機」。

「農業を救い、変えていくために自分に何が出来るか?」
「まともな野菜が無いなら、いっそのこと自分で安心できる物を作っちゃえ!」

と言う事で、無農薬(当たり前!)無除草剤(必要ない!)無化学肥料(そもそも自然界に存在しない!)の自然農法で野菜を栽培。
全国の家庭や素材にこだわるレストランにお届けしてます。
野菜ソムリエとしても活動中!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 土磨 自然農園 All Rights Reserved