忍者ブログ
長年外食業界に従事し、「食の現場の現実」に疑問を抱き、自然農法で野菜を栽培し全国にお届け中!ベジタブル&フルーツマイスターとして野菜と共に活動中!

* admin *  * write *  * res *
[40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30
<<05 * 06/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  07>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

また一ヶ月も空いてしまった。。。
なんやかんやと忙しいとは言え、こんなに間隔が空くと忘れられてしまいそう(汗)
ちゃんと生きてます!
講座が忙しいけど、ちゃんと畑作業もやってます!!(^^;)

こんにちは、土磨のたつまです。

今日はお世話になってるロージリーさんのギャラリーにて、「野菜を知る講座」(全6回)を開講。
参加頂いた皆様、有難うございました。
ちょっと難しい内容だったので、うまく伝わっているかちょっと心配です。。。

今日のお題は『種』で、種の種類や最近問題になっている遺伝子組み換え種子(野菜)に関してのお話。
知れば知るほど日本の「食」には絶望にも似た感情を抱きます。
知らないよりも、ちゃんと知っておいた方が良いに決まってるし、消費者は知った上で「自分はどうする」かを決めていく必要がこれからはあると思います。
僕の講座がそんな一助になれば幸いです。


ここ最近気温もグッと下がってきて、夏野菜はプチトマト以外は全て姿を消しました。
9月&10月は出荷できる野菜がほとんど無くて、かなりご迷惑をお掛けしました。
この秋の大根&白菜はかなり虫にやられてしまい、収量は少なくなりそうです。
それこそ早いもん勝ちの気配です。
葉ものは、からし菜、水菜、小松菜、オータムポエムなどを多めに育てています。
このためレタスの栽培は例年より少ないです。
ってことで、今日は久々に畑の野菜たちの状況をお伝えします!

まずは・・・

5462668a.jpg島根の伝統野菜でもある「津田曲りカブ」です。
まれに真っ直ぐに大きく生るものもありますが、
このカブの面白いのは、牛の角のようにギューンと曲がって育つんです。
鮮やかなピンク色をした肌で、とてもキメ細かい肉質で
とても美味しいカブです。
普通は間引きするんですが、これは好きな方向に曲がって育つ
ので、その必要が無く育てるのも楽です。
うちでは毎年栽培し、一番最初に完売してしまいます。

続いて

hidabenikabu.jpg
これはお隣の岐阜県飛騨地方の伝統野菜「飛騨紅カブ」です。
濃い赤色の肌をしています。
出荷はもう少し大きくしてからです。
これは今年は多く作っていません。
無くなり次第終了しますので、お早めに。



次は

komatuna.jpg
「小松菜」です。
今までほとんど作っていませんでしたが、今年は栽培品目に組み入れました。
珍しいものを中心に栽培していたせいか、定番野菜は今まで
あまり売れなかったんです。。。
今年は結構お問合せを頂くようになったので、組み入れた次第です。
畑の面積が狭いので、あまり沢山は作れていません。


続いて

torevis.jpg
イタリア野菜の「トレヴィス」です。
サラダの中に入っている紫色でほろ苦い野菜と言えば分かるかな。
収穫時はレッドキャベツ(紫キャベツ)に似ていますが、味は全く違います。
大人な味です(^^)
レッドキャベツは水にさらすと色が抜けていきますが、トレヴィスは抜けません。
イタリアンでは欠かせない彩り野菜です。


続いて

seiyokarasina.jpgkarasina.jpg「西洋からし菜」と「高菜&からし菜」です。
かなり育ってきましたが、収穫まではもう少しかかります。
毎年人気のからし菜たち。
特にシェフの方からリクエストが多い野菜です。
なので今年はかなり多目に作っています。
でも出荷ペースに生長が追いつくか心配です。。。

まだ続きますよ~

redromein.jpg

beets.jpgmizuna.jpg

 

 

 

 


左から「レッドロメインレタス」「ビーツ」「水菜」です。
レタスはこの他に「ロメインレタス」「結球レタス」「クアトロセゾン」等があります。
綺麗な赤い茎&葉の野菜はビーツです。
根菜に入るのですが、葉っぱも食べられます。
根の部分を切ると真っ赤な根っこの中に、何重にも白い輪が入っている不思議な野菜です。
ロシア料理にボルシチがありますが、あの赤い色はこのビーツから出た色なんですよ。
その隣は「水菜」です。
水耕栽培のヒョロッとしたものと違って、うちでは大株に育ててから出荷しています。
独特の香りとほろ苦さがいいですよね。
浅漬けにすると美味しいんですよ。

まだあります(^^;)
もう少しお付き合いを・・・

simonita.jpgredpowaro.jpgfennel.jpg








左から「下仁田ネギ」「赤ネギ」「フェンネル&ブロッコリー&ディル」。
これからの季節には欠かせないネギ。
ネギの香りには殺菌作用に似た効果があります。
風邪を引きやすいこの時期、ネギを切って部屋に置いておくと風邪の予防になります。
風邪のひき始めで喉をやられた時は、白い軟白部分をコンロで真っ黒に焼き、それをタオルで
包んで喉に巻きつけると効果があります。
とても効くんですが、部屋中にネギの臭いが充満するので、あまりやる人はいません(苦笑)
右の写真はハーブの「フェンネル」と「ディル」の畝にブロッコリーを植えてあります。
香りの強いハーブでなので、虫除けになるかなと思って混植しました。
ネギの横にキャベツを植えると、モンシロチョウが嫌がって近寄らないとか。
効果があるのか、今のところブロッコリーに虫害はありません。

そしてこれは

ninnjinn.jpg
「筑摩野五寸」という人参。
去年蒔き忘れ、今年の春も蒔き忘れたので少なくとも2年は経ってますが、しっかり芽を出してくれました。
順調に育ってて、今は「間引き人参」として出荷をしています。
来年は「島人参」に挑戦しようと思ってます。




他にもまだありますが、今日のアップは次が最後です。
僕の講座に参加された方が関係あるかな。

9月に僕が講師として、マイスター協会で開講したプランター講座行いました。
「ミニキャロット&小カブ」の栽培の講義と実技で、順調に育っていればプランターの小カブの収穫は既に終わっていると思います。
受講された皆さん、いかがですか?(^^)
うちの小カブは収穫して食べちゃいました♪
ミニキャロットは調子が悪いですが。。。

その小カブ。
実は畑にも蒔きました。
kokabu.jpg
これがその小カブです。
プランターという限られた環境での栽培に比べ、伸び伸びと育っています。
自分で栄養を探して、逞しく育っていますよ。
これで直径が約4cmくらいです。
そろそろ収穫出来ますが、もう少し大きくしたいなぁと思ったり。
協会の教室でも栽培していますが、果たしてうまく育っているのかなぁ。。。
協会スタッフの皆さま、いかがでしょう?(^^)

カブは捨てるところはありません。
葉っぱも根っこも全部食べられます。
特に葉っぱにはカロテンが豊富です。
モリモリ食べて下さいね!



いかがでしたか?
出荷まであとわずかだというのが伝わったでしょうか。
まだ他にもありますが、今日はここまで。
ここにアップした物でHPにアップしないものもあります。
理由は「絶対量が少ない」ためです。
HPをご覧になり「アップしていない野菜が欲しい!」場合はどうぞ遠慮なくご連絡下さい。

既に現在発送をお待ちのお客様、もう少しの辛抱です。
ご迷惑おかけしますが、もう少しお待ち下さい。
出荷可能になり次第、当方よりご連絡させて頂きます。

 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新TB
プロフィール
HN:
たつま
年齢:
48
HP:
性別:
男性
誕生日:
1969/11/30
職業:
土磨自然農園代表・野菜ソムリエ
自己紹介:
外食業界20年。
そこで感じた「食の矛盾」と「農業危機」。

「農業を救い、変えていくために自分に何が出来るか?」
「まともな野菜が無いなら、いっそのこと自分で安心できる物を作っちゃえ!」

と言う事で、無農薬(当たり前!)無除草剤(必要ない!)無化学肥料(そもそも自然界に存在しない!)の自然農法で野菜を栽培。
全国の家庭や素材にこだわるレストランにお届けしてます。
野菜ソムリエとしても活動中!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 土磨 自然農園 All Rights Reserved